1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【NFL2020 Week4 プレイ分析】誰もザダリアス・スミスをブロックできやしない

【NFL2020 Week4 プレイ分析】
誰もザダリアス・スミスをブロックできやしない

はじめに

Packers.com名物What You Might’ve Missedより。

今週は3サックを決めたOLBザダリアス・スミス(55)にスポットを当てています。

ここではサック以外の良いプレーを紹介してくれています。

1: 第1クォーター10:01, 敵陣25ヤード, 1st&10

結果: パス失敗

https://youtu.be/NfET4vmZQXs

ファルコンズのLTジェイク・マシューズ(70)をものともせず、QBマット・ライアンに突っ込み、パス失敗を誘いました。

2: 第1クォーター1:06, 敵陣23ヤード, 1st&10

結果: RBトッド・ガーリーのラン(ゲインなし)

https://youtu.be/Lnd8cGkdeJg

FBキース・スミス(40)のブロックを軽くいなし、RBガーリーをスクリメージラインより後方で捕まえています。

3: 第2クォーター11:44, 自陣19ヤード, 1st&10

結果: WRラッセル・ゲージの2ヤードロス

https://youtu.be/VzrA5yknaVA

TEルーク・ストッカー(88)との力の差を示して、タックル・フォー・ロス(TFL)を簡単に奪ったプレイ。

CBケルビン・キング(20)が外部からFBスミス(40)を抑え、WRゲージのエンドアラウンドを牽制したことにも注目。

4: 第2クォーター8:26, 自陣8ヤード, 2nd&Goal

結果: RBガーリーの3ヤードラン

https://youtu.be/wk3v04nGYOs

今度はRTカレブ・マクガーリー(76)を超えて、中央突破を試みるガーリーを捕まえたプレイ。

ここを抑えたことでファルコンズはエンドゾーン手前でFGを蹴ることになりました。

5: 第3クォーター11:08, 自陣49ヤード, 1st&10

結果: WRオラミデ・ザッカースへの16ヤードパス

https://youtu.be/lkwk7kJLWuA

結果ファルコンズが攻撃を進めましたが、あくまで運によるもの。スミスのプレッシャーによりQBライアンのミススローが誘発され、セカンダリーはインターセプトしたかった場面です。

TEストッカー(88)がフォーメーションを横切ってスミスをブロックしようとしましたが効きませんでした。

6: 第3クォーター2:39, 敵陣47ヤード, 1st&10

結果: パス失敗

https://youtu.be/J18pGJsUxBI

同様にFBキース・スミス(40)のタスクが上手くいかなかったプレイ。

ライアンにプレッシャーを与え、スローはきっちりカバーされてパス失敗となりました。

7: 第3クォーター1:15, 自陣49ヤード, 4th&6

結果: ペナルティによるファーストダウン

https://youtu.be/p60Z6tAc6zU

最後に、結果としてフラッグが飛んでしまったが、LGジェームス・カーペンター(77)もザダリアス・スミスを抑えられなかったシーンを紹介。

インサイドへのスイムでラインを突破し、すぐにスミスへ飛びかかりましたが、運悪くラフィン・ザ・パサーをとられてしまいました。

まとめ

というわけで今回は7シーンを紹介してもらいました。

サックを除いてもこれだけ注目するところがある、というのが凄いですね。やはり今年も大活躍は間違いなしです。

できればOLBプレストン・スミス(91)も活躍してほしいところですね。スミス・ブラザーズの復活を期待しています。

関連記事