1. >
  2. >
  3. >
  4. 【NFL2020 Week2】試合後の情報、他チームまとめ

【NFL2020 Week2】
試合後の情報、他チームまとめ

パッカーズ対ライオンズについて

まず公式のPackers’ dynamite start is only that – a startより。

  • ライオンズ戦では、いろいろな記録が生まれた

    • 最初の2試合で40点以上とったシーズンは初めて
    • RBアーロン・ジョーンズがラン・パス合わせて記録した236ヤードは、チーム史上3番目の記録となった
    • チームとして挙げた259ラン獲得ヤードは、2003年のブロンコス戦以来
  • ロジャース「今年は去年とちがう。考えていることが上手くいっている」
  • ディフェンスは、簡単に突破されたと思いきや、試合を大きく動かすようなプレーもある

またPACKERSWIREは、Good, bad and ugly from Packers’ 42-21 win over Lions in Week 2で、次のように試合の反省点を指摘していました。

  • 良かった点

    • QBロジャース、RBジョーンズ:(詳細は割愛)
    • オフェンスライン: メンバーが入れ替わるもよくQBロジャースを守った
    • OLBラシャーン・ゲイリー: ソロサック含む1.5サック、QBスタフォードへのプレッシャーがCBサリヴァンのピック・シックス(インターセプトTD)を生んだ
    • CBチャンドン・サリヴァン: 今季初のディフェンスのTD。WRアメンドーラのキャッチをわずか2本に抑えた
    • P JK.スコット: ライオンズ自陣の深いところにパントを決めた
  • 心配な点

    • WRダバンテ・アダムスCコーリー・リンズリーの怪我
    • 第1クォーターのディフェンス
  • ひどかった点

    • 落球の多さ: 2週連続で、この試合はさらにひどかった。少なくとも5人の選手が簡単なパスキャッチを失敗している

落球は素人目でも気になる点でしたね。とくにTEジェイス・シュテルンベルガーに対する信頼感がなくなりつつあります。

NFC北地区

他チームの状況

パッカーズに負けて2連敗となったライオンズの次戦は、アリゾナ・カージナルズ。まだ初勝利は遠いかもしれません。

先週パッカーズに敗戦したミソネタ・バイキングスは、インディアナポリス・コルツと対戦。この試合でもセーフティを許すなど、まさかの2連敗。次週はタイタンズ戦と、まだまだ厳しい戦いが続きます。

一方、デトロイト・ライオンズに逆転勝利したシカゴ・ベアーズは、ニューヨーク・ジャイアンツと対戦。最後は接戦となりましたが辛勝で2連勝。しかし次戦はアトランタ・ファルコンズが相手で、この2試合のようにはいかないのではないでしょうか。

順位

順位 チーム
1 グリーンベイ・パッカーズ 2 0 0
2 シカゴ・ベアーズ 2 0 0
2 ミネソタ・バイキングス 0 2 0
2 デトロイト・ライオンズ 0 2 0

他地区、AFCの試合

ダラス・カウボーイズ対アトランタ・ファルコンズ

今週はなんといっても、ダラス・カウボーイズ対アトランタ・ファルコンズの試合がすごかったですね。ハイライト動画の再生数が、パッカーズの6倍ぐらいありました(笑)。

https://www.youtube.com/watch?v=Y2bu5qENekY

前半で19点差をつけられるも、なんとか差を縮めるカウボーイズ。しかし勝負所での2ポイント・コンバージョンも失敗し、最終クォーター残り5分で9点差。

しかしファルコンズの攻撃をパントに抑えると、残り3分からTDで2点差。そこからオンサイドキックを成功させて、46ヤードのFGを決めて逆転勝利。

ちなみに、カウボーイズのHCはパッカーズの前HCであるマイク・マッカーシーです。

その他

そのほかシーホークス対ペイトリオッツの強豪対決、レイブンズvsテキサンズのモバイルQB対決なども面白かったです。

関連記事