1. >
  2. >
  3. >
  4. 【NFL2020 Week3】試合後の情報、他チームまとめ

【NFL2020 Week3】
試合後の情報、他チームまとめ

2020-09-23

パッカーズ対セインツについて

PACKERSWIREは、Good, bad and ugly from Packers’ 37-30 win over Saints in Week 3で、次のように試合の反省点を指摘していました。

良かった点

HCマット・ラフアー

WRアダムスは出場できず、RBジョーンズも封じられたなかで37得点を記録。

WRラザールやタイトエンドを主に起用しつつ、ときおり練られたチャンクプレイ(?)を使うなど、ラフアーの戦術がよかった。

この日は、セインツのHCショーン・ペイトンよりもラフアーのほうが素晴らしいHCだった。

WRアレン・ラザール(13)

146レシービングヤード、そのうち2回のレシーブで120ヤードを記録。さらに2つのTDを記録。

WRアダムスを欠いたなかで、素晴らしい活躍だった。

タイトエンド

ロバート・トンヤン(85)、ジェイス・シュテルンベルガー(87)、マルセデス・ルイス(89)あわせて、9チャッチ、104レシービングヤード、2TDを記録。

とくに後半の空中戦でその実力を発揮。

QBアーロン・ロジャース(12)

セインツが誇るベテランのセカンダリーを相手に、TDパスを3回記録。また1度しかサックを許さず、ターンオーバーもなし。

観客の制限されたスタジアムの利点(注:おそらくクラウドノイズがないこと)を活かし、124.9のレーティングを記録した。

DTキングスリー・ケケ(96)

2年目のラインマンはキャリア初となる2回のサックを記録。前半はブリーズへのストリップサックでターンオーバーとなる可能性もあった。

Kメイソン・クロスビー

52ヤードのFGを含む、3つのフィールドゴールをすべて決める。開幕は完璧なスタートを切っている。

悪い点

RBアルビン・カマラを封じれなかった

WRマイケル・トーマスが欠場していてQBブリーズがパッシングゲームで不利な状況なので、セインツのオフェンスがRBカマラのランに頼ることは誰でも予想できた。

しかしパッカーズのディフェンスは、カマラのランもレシーブも止める術を持ち合わせていなかった。

カマラは序盤の49ヤードのランを含む6回のランで、58ラッシングヤードを獲得。そして13本のパスキャッチで139レシービングヤード、2TDを記録。あわせて197スクリメージヤードを獲得した。

パッカーズのインサイド・ラインバッカーたちは、全員この41番を止めることができなかった。

ひどい点

RBカマラの52ヤードTDランを許した

このプレイより酷いタックルを想像するのは難しい。

スクリメージラインより後ろでボールを受け取ったカマラのランは、2020年もっとも印象的なTDのひとつになるだろう。

カマラは、ウィル・レッドモンド、タイ・サマーズ、ジャイア・アレキサンダー、ダーネル・サヴェージのタックルを破った。

NFC北地区

他チームの状況

2連勝のベアーズは、次週パッカーズが対決するファルコンズを下して3連勝。2ミニッツ・ウォーニングに入ってからの逆転勝利で、かなり勢いづいてそうです。

一方2連敗のバイキングスは、タイタンズに負けて3連敗。後半にまくられる展開は辛いですね。

おなじく2連敗のライオンズは、カージナルスと対決。カージナルスの優位と見ていましたが、試合はライオンズの勝利。カージナルスQBマレーの3INTが響きました。

順位

シーズン開幕前の想像とかなり異なる順位表になってきました。

順位 チーム
1 グリーンベイ・パッカーズ 3 0 0
1 シカゴ・ベアーズ 3 0 0
3 デトロイト・ライオンズ 1 2 0
4 ミネソタ・バイキングス 0 3 0

次戦

ベアーズはコルツ、バイキングスはテキサンズ、ライオンズはセインツとそれぞれ対戦となります。

ベアーズはコルツにも勝ったら本物かもしれません。そしてどちらも3連敗中のバイキングスとテキサンズは、どちらが泥沼の4連敗を喫するのか。

他地区、AFCの試合

カンザスシティ・チーフス対ボルティモア・レイブンズ

AFCのカンファレス・チャンピオンシップとなりそうな試合は、チーフスがレイブンズが圧倒しました。

https://www.youtube.com/watch?v=5wqkMk1DhAw

それにしても異次元のプレイというか、やっているフットボールがどちらのチームも凄かったです。AFCのスーパーボウル出場チームは、どちらかのチームでほぼ決まりではないでしょうか。

その他

関連記事