1. >
  2. >
  3. >
  4. 【NFL2020 Week6】試合後の情報、他チームまとめ

【NFL2020 Week6】
試合後の情報、他チームまとめ

2020-10-21

パッカーズ対バッカニアーズについて

昨日の試合はいろいろと反省点がありますが、やはりスクリメージラインの攻防が最大の不満です。

そのなかでもメディアでは、ディフェンスに対する批判が大きかったようです。

まずは公式のPackers.comより。

Packers’ defense doesn’t find big play it needed

これまでは「ミスもあるけれどビッグプレイもある」というディフェンスでしたが、とうとうビッグプレイが出なくなってしまった。という記事です。

とくにこれまではペナルティの多かったバッカニアーズが、パッカーズ戦ではペナルティすら出さずにQBトム・ブレイディを守りきったことを取り上げています。


つづいてPACKERSWIREより。

Packers’ pass-rush is defense’s biggest problem

2019年のディフェンスは、ランディフェンスはさておき、「スミス・ブラザーズ、ケニー・クラークらによる強力なパスラッシュ」というアイデンティティがあったが、今年はそのアイデンティティすら失っている。という記事です。

サックそしてプレッシャーの数は昨年と比較して約半分になっており、バッカニアーズ戦でQBブレイディにかけたプレッシャーはわずかに5回でした。


ちなみに試合中に負傷退場したバフティアリについては、重症はまぬがれたようです。続報を待ちたいと思います。

NFC北地区

他チームの状況

4勝1敗のベアーズは好調になりつつあるパンサーズと対戦。拮抗した試合でしたがディフェンスを中心とした総合力で、23-16と勝利を収めます。

これでベアーズは5勝1敗、パッカーズを抜いて地区首位に立ちました。次戦はラムズ。がんばれラムズ!

ライオンズはジャガースに34-16で圧勝。ジャガース相手とはいえ、ランもパスもディフェンスも調子が良く見えました。次戦はファルコンズ。まだまだ試練は続きます。

バイキングスは5連敗中のファルコンズに23-40で完敗。痛い5敗目を喫します。

次週はバイウィークをはさみ、ランボーフィールドにてパッカーズと2戦目。引導を渡してやりましょう。

それとファルコンズは5連敗した理由が正直わからないです。

順位

順位 チーム
1 シカゴ・ベアーズ 5 1 0
2 グリーンベイ・パッカーズ 4 1 0
3 デトロイト・ライオンズ 2 3 0
4 ミネソタ・バイキングス 1 5 0

他地区、AFCの試合

テネシー・タイタンズ対ヒューストン・テキサンズ

序盤はタイタンズがリードするものの、後半はテキサンズが逆転。しかしタイタンズは残り2分でTDをとり、試合はオーバータイムへ。

先行のタイタンズは、RBデリック・ヘンリーがボールを持つと、一気にレッドゾーンまで。そして最後もワイルドキャットからヘンリーがエンドゾーンへ走り込んで決着。

テキサンズは振り返ってみるとFGの失敗などが大きく響きました。ある意味「負けるべくして負けた」試合と言えます。

それと以前パッカーズにいたランドール・コブのTDレシーブは凄かったですね。ちょうどNFLにハマり始めた頃のレギュラーだったので愛着があります。

https://www.youtube.com/watch?v=jac6Vem50sE

まとめ

だんだんとプレイオフの青写真が見えはじめてきました。

またベアーズとの試合が後半に残っているのが、マッチメイクとしてはニクく感じますね。本当に大切な試合になりそうです。

来週は明るい気持ちで記事を投稿できることを祈ります。

Go, Pack, Go!

関連記事