1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. PACKERSWIREが語る、パッカーズ対バッカニアーズの注目点

PACKERSWIREが語る、パッカーズ対バッカニアーズの注目点

3 ways Packers offense vs. Buccaneers defense is battle of strengths vs. strengths

本日はPACKERSWIREより。

パッカーズの強力なオフェンスと、バッカニアーズの強力なディフェンスのマッチアップについて、見どころを紹介してくれています。

バッカニアーズと言うと、どうしても「ブレイディ」がまず出てきてしまいますが、実は今季はディフェンスでNFL屈指の成績を残しています。

それぞれスタッツをもとに紹介してくれていますので、早速見てみましょう。

1. パッカーズOL対バッカニアーズDL

昨日のブログで私も指摘した通りですが、PACKERSWIREはとくにpassing gameの場面を想定しています。

ESPNによると、パッカーズのOLのパスブロック勝利率はNFLトップの成績であるのに対し、バッカニアーズのパスラッシュ勝利率もNFLトップ。

まさしく「ほこたて」の対決になりますね。

とくにILBデビン・ホワイトやセーフティー陣を起用したブリッツが脅威になるようです。

2. ランゲーム

パッカーズのランオフェンスは好調を維持しており、とくに1st&10のランは平均6.5ヤードを獲得するなど、ゲームを有利に進めている要素のひとつです。

その結果の背景には、スナップ前のモーションによりレーンを開けていることが大きく関係している、と記録からも分かっているようです。

一方でバッカニアーズは平均ラン喪失ヤードが58.4ヤード、1st&10からのランは2.5ヤードしか進ませていません。

3. パスゲーム

さまざまな指標を見れば、現時点ではパッカーズがNo.1のパスオフェンスを構築していることは間違いありません。

これに対しバッカニアーズは、これまでの試合ではパスを通されることは多くあるものの(70%が成功している)、相手チームのパサーレーティングを91.2に抑えている通り、TDは7つしか許しておらず、また6つのインターセプトを決めています。

強いて挙げれば、ILBのデビンホワイト、そしてCBショーン・マーフィー・バンティングが穴になっている様子。

マンカバーのときは、この2選手とのマッチアップを利用してパスを通せるか注目です。

まとめ

というわけで、試合の見どころがよくわかる記事でした。

個人的には「ランは無理かもしれないけどパスは通るだろう」と思っています。それほど楽観視できるぐらい、今年のパッカーズのオフェンスは強いです。

その自信が砕かれないことを祈って、月曜朝を楽しみに待ちましょう!

関連記事