1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. OLBプレストン・スミスの復活を期待

OLBプレストン・スミスの復活を期待

まず選手情報の話から。

CBパリー・ニッカーソンがIR入りしました。

そしてWRクリヤ・リプスコムがプラティクス・スクワッドから放出され、代わりにGベン・ブレーデンが加入。

またWeek7のインジュアリー・レポートは13選手が名を連ねてました。なかなか不安になる木曜日です。

とくにバフティアリの出場は難しそうに感じますね。またRBタイラー・アーヴィンが今回のDNP(Did Not Practice)なのが気がかりです。


Packers need a lot more from struggling OLB Preston Smith

昨年12サックを記録したOLBプレストン・スミスが、今シーズンはわずかに0.5サックと大不調。

PFF独自のEDGEランキングでも60人中56位と、昨年の輝きがまったく見られません。

その影響もあり、プレッシャー数やパスラッシュの勝率などさまざま指標が、昨年の半分程度だったりリーグ下位だったりしています。

もしこのままシーズンを過ごすことになれば、年俸の高いプレストン・スミスは放出またはトレード必至でしょう。


もしパッカーズのディフェンスが復活するとすれば、プレストン・スミスの活躍は不可欠だと思っています。

Week7のテキサンズ戦で復活の兆しが見えるよう応援しましょう!

関連記事